交通事故で後遺障害を負うとこれまで通りに働いて生計を立てることができなくなり、心身の障害だけでなく経済的な損害を被ることになります。少しでも多くの賠償金を受け取り、その後の生活に備える必要があり、そのためにも交通事故後遺障害等級を取得し、それに見合った適切な賠償請求をすることが大切です。事故の被害者になったうえに後遺障害が残っている状態で加害者側と冷静に示談を進めたり、専門的な知識が必要となる諸手続きを自ら行ったりすることはとても困難です。早い段階で弁護士に相談し、全てを一任して事を進めてもらうのが最善の策と言えるでしょう。

後遺障害等級申請においても被害者に代わって被害者請求をすることが可能となり、事前認定や自ら被害者請求を行うよりもはるかに高い賠償金を得ることができます。また、被害者請求の認定結果に不服がある場合は異議申し立てを行うことができますが、これも弁護士に任せることができます。後遺障害の状態の詳しい状況は、後遺症障害診断書をはじめとする諸資料に基づいて判断されることになりますが、実際の後遺障害の症状とは異なる認定結果が出されることもないとは言えません。そんなときでも、弁護士に依頼すれば手続きから全て任せることができ、ケースによっては、トータルで支払われる賠償金額が100万単位で増額されることもあります。

異議申し立ても弁護士に一任できる