後遺障害等級認定申請の方法には事前認定のほかに、被害者自らが加害者側の自賠責保険会社に対して認定申請を行う被害者請求があります。最大のメリットは、等級によって定められた自賠責損害補償金をすぐに受け取ることができるという点です。また、提出書類の事前チェックなどが可能となるため加害者側の保険会社が自賠責保険の範囲内で示談させるようなことを防ぎ、低い賠償金の支払いで納得しなくてはならないということもありません。しかし、被害者請求は、提出書類を全て自分で揃えなければならず、専門的な知識や労力が必要となります。

CTやMRI画像などの資料を病院から借りたり、自ら立証資料を精査したりしなければならないとともに請求書類なども全て準備しなければなりません。後遺障害診断書ひとつをとってもその記入の仕方によって等級や賠償金額が大きく変わることがあるため、専門的な知識や豊富な経験をもつ弁護士に依頼するのが一番です。後遺障害は同じ障害、症状があっても部位や程度によって等級が変わってくるので、医療的な知識も備えておかなければ太刀打ちできません。例えば、14級で75万円、12級で224万円など、級が2段階異なるだけでも賠償金額に大きな違いが出てきます。専門家でも全てを把握するのが困難と言われている後遺障害の種類などについて精通した弁護士に依頼できるのが一番のメリットと言えるでしょう。また、交通事故後遺障害情報掲載の「アディーレ」では、等級認定について詳細を掲載しています。弁護士と話す前に自信で知りたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

被害者請求で弁護士活用がおすすめ