交通事故の被害に遭って不幸なことに治癒の見込みがない後遺障害を背負ってしまうとその後の生活や人生設計に大きく影響を受けることになります。事故当初は、けがの激しい痛みが癒えるのを待つだけで精いっぱいとなりますが、少し落ち着いてきたら、冷静に今後のことを考え、加害者に適切な損害賠償を請求することを真剣に考えなければなりません。後遺障害の認定要件にはさまざまなものがありますが、最もわかりやすいい判断材料となるのが交通事故に遭って受傷してから、6ヵ月を経過しても治癒する見込みがなく、今後の治療如何に問わず後遺障害が残ってしまうと考えられる場合には、後遺障害等級認定を受ける必要があります。

明らかに後遺障害と認められる症状が存在していても認定を受けなければ一切の補償を受けることができず、収入が途絶えたまま生活を維持しなくてはならなくなってしまいます。後遺障害の等級は〇級〇号というように1級から14級まで細かく分類されており、それに応じて賠償金額が大きく変わります。自覚症状や確かな障害があっても、自身や医師によって等級の認定をすることはできません。治療を継続していてもそれ以上治癒することがなく後遺障害が残る状態となることを「症状固定」といい、その段階で医師に後遺障害診断書を書いてもらうことになります。診断書や自賠責保険、任意保険どちらでも提出が可能ですが、後遺障害等級の認定は自賠責保険の支払いのための手続きとなるため、障害等級取得を目的とするのであれば自賠責保険会社に提出することになります。

交通事故被害に負う後遺障害